» 未分類のブログ記事

冬の雪道走行の必需品のタイヤチェーンですが、シーズン終了後には、点検とお手入れが必要です。そうする事により、トラブルを未然に防ぎ、安心して使い続けることが可能です。金属タイプのお手入れは、全体を綺麗に洗浄して、日光の下で完全に乾燥させます。その後に、全体にまんべんなく錆び止め処理を行い、専用のケースに入れて保管します。鉄が剥き出しになっているので、錆び止め処理を怠ると、次のシーズン時に真っ赤に錆びてしまいます。また、保管の前には、全体の磨耗状態、破損の有無を確認します。

 

 

雪の少ない舗装道路を走ってしまった場合は、傷つきやすいので、より入念に確認が必要です。また、固定に用いるゴムバンドも劣化しやすい部品なので、状態を確認して、傷やひび割れ等が発生している場合は、交換しておきましょう。非金属タイプのお手入れですが、金属タイプと同様に全体を綺麗に洗浄して、日光の下で乾燥させます。材質が、ゴム系なので、専用のメンテナンス液等があれば塗布します。金属製のスパイクが埋め込まれているので、そのスパイクの破損、欠損状態を確認して、交換が必要な場合は、保管前に行っておきましょう。また、スパイクには錆び止め剤を塗布しておきます。

 

 

で雪道を走行するときには、注意が必要となります。
ちょっとした雪でしたら、スタッドレスでも十分に対応できます。
しかし、あまりの豪雪となりますととてもスタッドレスでは対応できません。
豪雪地帯を車で走行する際には、タイヤチェーンが必要となります。
とはいえ、最近では金属製のものはむしろ少数派で、最近ではプラスチック製の製品が増えております。
プラスチック製にすることで、女性でも装着がしやすいように工夫されています。
また最近では、装着自体も簡単にできるように工夫されています。

ただしここで気をつけたいのは、この製品を取り付けるタイヤのほうです。
メーカーが指定しているサイズのタイヤを装着している分には、何の問題もありません。
問題は、インチアップしている場合です。
インチアップをすることによって、タイヤとボディーの隙間が狭くなっている、そのような車も多く見かけます。
そこで製品の装着をしっかりとしておかないと、少し緩んだ状態でその製品がボディーに当たってしまい、重篤なトラブルを引き起こす可能性があるのです。
しっかりと装着をしていたとしても、隙間がもともとないせいで、やはりボディーに当たってしまうという可能性もあります。

雪道を走行していると、タイヤのキャップを装着しておらずに走行している車をよく見かけます。
これはなぜなのでしょうか。

 

 

まずは、スタッドレスタイヤの場合です。
スタッドレスタイヤを装着する場合、ノーマルタイヤとは全く別のホイールを使用します。

 
例えばノーマルタイヤが、ディーラーからもらったアルミホイールだったとしても、スタッドレスタイヤはディーラーからもらえないことが多いです。
そうなると、タイヤとホイールは自分で探さなければなりません。
そのとき、わざわざディーラーからもらえなかったホイールのキャップを購入する人というのはいません。

次に、鎖を巻いている場合です。
特にひどい雪道の場合には、金属製の鎖を巻いている車もあります。
この鎖をタイヤに巻く際、どうしてもタイヤに傷が付きます。
そんなところにホイールキャップを装着したところで、やはり傷が付いてしまうのは目に見えております。
なので、あえてキャップは装着していないのです。

 

それと並んで多い理由が、単に装着するのが面倒くさいということです。
キャップによっては、片手で簡単に装着できるのもあれば、バールを使わないと取り外しが出来ないというキャップもあります。
後者はとくに面倒です。”

雪がある道路や凍結した道路を走行するのに活躍するのがスノーチェーンです。

 

さまざまな種類のものがありますが、大きく分けると金属製のものと非金属性のも

 

のがあり、それぞれにメリット、デメリットがあります。金属製のものは価格が安く、収

 

納に優れているという点がありますが、取り付けた時の走行時の振動が大きいのが

 

デメリットになります。

 

 

また、雪のない道路で装着していると切れやすいので注意が必要です。非金属製のものは、走行時の振動が少なく乗りごこちが良いのがメリットです。また、雪のない道路を走行した時も切れにくくなっています。デメリットは金属製のものより高価であること、収納があまりよくないことなどがあります。どちらのタイプのものでも、最近では装着が非常に簡単になりました。ジャッキアップが不要なタイプも多く販売されています。購入してから、できれば一回は練習しておくといざというときに慌てずに済みます。また、雪などが降り始めたら早めに装着すると事故を未然に防ぐことができます。しかし、装着したからといってスピードを出すのは現金です。道路状況が悪いことに変わりはなく、スリップやハンドルを取られる可能性があるのです。そのためスピードを落とし、安全運転をする必要があります。

雪道の走行で重要なスノーチェーンを装着しても、雪道では万能ではありません。装着した際の雪道でのワンポイントアドバイスを紹介します。装着時はスピードの出しすぎには十分に気をつけてください。昔と比べると最近は道路状況もよくなり、高性能になりました。安全だから走行スピードを出してもいいのかといったらそうでもありません。もともと雪道でスリップを防ぐ滑り止めの役割を果たす補助具であるため、たとえタイヤにフィットするように装着したとしても、タイヤの高速回転により遠心力によって影響します。したがってあまりスピードを出しすぎるとその分遠心力で切れて外れてしまうこともあります。一般に金属製のものだと時速30キロ以下、非金属製のものだと時速50キロ以下がスピードの限度です。装着時はホイールキャップは外しておかなければいけません。

 

ホイールキャップはタイヤを美しく見せる装飾品です。柔らかい樹脂製になっているため装着時に当たって傷つくことがあります。なので装着前にはホイールキャップを外しておいてください。金属製のものは雪道を走らない時にそのまま放置しておくと錆が発生します。また非金属性のものは強度や弾力性が失われてしまいます。雪道を走らない時には水分をしっかりと取り除いてから収納するようにこころがけましょう。

リング型

| 未分類 |

リング型は金属タイプの物を言います。その中でも2種類のタイプがあります。

 

まず、1つ目とし金属はしご型があります。これは、鎖をタイヤに対してはしご状に

 

装着している物を言います。特徴として、上り坂での凍結路面に対して大きな威

 

力を発揮します。また、収納が非金属製と比べてコンパクトであることも魅力の1つ

 

です。そして、最大の魅力が安価であることが挙げられます。

 

価格帯としてだいたい5000円から8000円程度で購入できます。デメリットとして、横方向の滑りに弱いことと慣れないと装着にどうしても時間がかかってしまいます。2つ目に金属亀甲型というものがあります。これは鎖をタイヤに対して、亀甲縛りのような形状にして装着している物を言います。特徴として、前述した金属はしご型に比べて横方向の滑りに強いことが挙げられます。また、こちらも非金属製と比べて収納はコンパクトであることも特徴です。価格帯としては金属はしご型より少し高く、8000円から10000円程度で購入できます。デメリットとしてやはり、慣れないと装着に時間がかかってしまうことが挙げられます。
ちなみに前述した価格帯は新品での購入の場合であり、中古品であればさらに低い欠かうで購入できます。”

亀甲型

| 未分類 |

金属亀甲型は雪道や凍結路において高いバランス性能を誇っています。特に横滑りに関しては金属はしご型がある程度、注意しなくてはならないのに対しこちらは横滑りに対して金属はしご型よりも高い性能を誇っているのも特徴です。また、収納性も良いのも特徴です。ただし、はしご型は登坂する際のキック力があるため、これに関してははしご型が有利になってきます。他にも、雪道や乾燥路での運転に関してははしご型と比べると快適な方であると言えます。ただし、非金属性(ゴムやウレタン製)の物に比べると快適性は落ちてしまいます。しかし、非金属製はやはり、金属製ほどには雪道、凍結路に関する安定性は低くなりがちです。その上、大きくなってしまうため、収納性もあまりよくありません。加えて値段も金属製と比べて高い傾向があります。一般的に金属製は安いもので5000円程度、高いものでも9000円程度で買えます。加えて、リサイクル品であればもっと安く手に入れることもできます。しかし、非金属性は安くても10000円を超えるものが多く、例えリサイクル品であってもそれほど値が下がっていないことも多いです。ただし、取り付けのしやすさは非金属性の方が良いと言われています。

はしご型

| 未分類 |

 

 

金属はしご型の特徴は凍結路での滑り止めが強いことが挙げられます。特に、キック力があるため上り坂での凍った路面にもっとも威力を発揮します。ただし、横方向に関しては金属亀甲型に劣ってしまいます。これは、鎖のつき方がはしご状になっているため、どうしても横滑りに関してはカバーしきれない部分ではあります。また、非金属製と比べて騒音等はやはり大きくなってしまいます。しかし、非金属製は構造の問題から収納する際、大きく場所を取ってしまいます。

 

その上、滑り止めに関しては金属製にはどうしても劣ってしまいます。ただし、着脱のしやすさは非金属製の方が楽で早いと言われます。しかし、金属製でも慣れれば物の数分で付け替えが可能になります。また、価格面でも非常に安価であることも特徴の1つです。非金属製の価格が10000円を超えるものが多く、また、金属亀甲型も価格的には非金属製とりは安いですが、それでも8000円から10000円近くするものが多いです。その点はしごタイプは価格的に5000円~8000円程度大変安価なものが多いです。また、リサイクル品であればさらに安く手に入れることもできます。ちなみに非金属製はリサイクル品でもあまり、価格が下がらないことが多いです。

タイヤチェーンの種類は大きく分けて、金属タイプと非金属タイプに分けられます。

 

それらの価格は金属タイプが5,000円~10,000円で、非金属タイプが10,000円

 

~20,000円となっています。安い物ではないので、使用目的と予算のバランスで

 

選択するのがいいでしょう。豪雪地帯で、シーズン中は常に雪が存在している場

 

合は、価格の安い金属タイプがお勧めです。注意しないといけないのは、雪の無

 

い道路で使用すると、かなり早いスピードで磨耗し、その振動と騒音もかなり大き

 

なものとなります。また、装着も非金属タイプと比べると手間がかかります。

 

年に数回しか雪が降らない地域や、そういった地域からスキー等に行くような人た

 

ちは、非金属タイプがお勧めです。これは、装着がワンタッチで可能なタイプもあ

 

ります。材質がゴムや樹脂なので、騒音、振動でも少なくなっています。

 

しかし、価格は、金属タイプの2倍以上となっています。やはり、その使用目的に

 

応じたタイプの選択を最優先として、その中から予算に応じたものを選択していく

 

方法がいいと思います。メンテナンスは、どちらのタイプも使用後はきれいに洗浄

 

し、金属タイプは錆び止め処理を施してから保管します。