雪がある道路や凍結した道路を走行するのに活躍するのがスノーチェーンです。

 

さまざまな種類のものがありますが、大きく分けると金属製のものと非金属性のも

 

のがあり、それぞれにメリット、デメリットがあります。金属製のものは価格が安く、収

 

納に優れているという点がありますが、取り付けた時の走行時の振動が大きいのが

 

デメリットになります。

 

 

また、雪のない道路で装着していると切れやすいので注意が必要です。非金属製のものは、走行時の振動が少なく乗りごこちが良いのがメリットです。また、雪のない道路を走行した時も切れにくくなっています。デメリットは金属製のものより高価であること、収納があまりよくないことなどがあります。どちらのタイプのものでも、最近では装着が非常に簡単になりました。ジャッキアップが不要なタイプも多く販売されています。購入してから、できれば一回は練習しておくといざというときに慌てずに済みます。また、雪などが降り始めたら早めに装着すると事故を未然に防ぐことができます。しかし、装着したからといってスピードを出すのは現金です。道路状況が悪いことに変わりはなく、スリップやハンドルを取られる可能性があるのです。そのためスピードを落とし、安全運転をする必要があります。