雪道を走行していると、タイヤのキャップを装着しておらずに走行している車をよく見かけます。
これはなぜなのでしょうか。

 

 

まずは、スタッドレスタイヤの場合です。
スタッドレスタイヤを装着する場合、ノーマルタイヤとは全く別のホイールを使用します。

 
例えばノーマルタイヤが、ディーラーからもらったアルミホイールだったとしても、スタッドレスタイヤはディーラーからもらえないことが多いです。
そうなると、タイヤとホイールは自分で探さなければなりません。
そのとき、わざわざディーラーからもらえなかったホイールのキャップを購入する人というのはいません。

次に、鎖を巻いている場合です。
特にひどい雪道の場合には、金属製の鎖を巻いている車もあります。
この鎖をタイヤに巻く際、どうしてもタイヤに傷が付きます。
そんなところにホイールキャップを装着したところで、やはり傷が付いてしまうのは目に見えております。
なので、あえてキャップは装着していないのです。

 

それと並んで多い理由が、単に装着するのが面倒くさいということです。
キャップによっては、片手で簡単に装着できるのもあれば、バールを使わないと取り外しが出来ないというキャップもあります。
後者はとくに面倒です。”