で雪道を走行するときには、注意が必要となります。
ちょっとした雪でしたら、スタッドレスでも十分に対応できます。
しかし、あまりの豪雪となりますととてもスタッドレスでは対応できません。
豪雪地帯を車で走行する際には、タイヤチェーンが必要となります。
とはいえ、最近では金属製のものはむしろ少数派で、最近ではプラスチック製の製品が増えております。
プラスチック製にすることで、女性でも装着がしやすいように工夫されています。
また最近では、装着自体も簡単にできるように工夫されています。

ただしここで気をつけたいのは、この製品を取り付けるタイヤのほうです。
メーカーが指定しているサイズのタイヤを装着している分には、何の問題もありません。
問題は、インチアップしている場合です。
インチアップをすることによって、タイヤとボディーの隙間が狭くなっている、そのような車も多く見かけます。
そこで製品の装着をしっかりとしておかないと、少し緩んだ状態でその製品がボディーに当たってしまい、重篤なトラブルを引き起こす可能性があるのです。
しっかりと装着をしていたとしても、隙間がもともとないせいで、やはりボディーに当たってしまうという可能性もあります。