雪道の走行で重要なスノーチェーンを装着しても、雪道では万能ではありません。装着した際の雪道でのワンポイントアドバイスを紹介します。装着時はスピードの出しすぎには十分に気をつけてください。昔と比べると最近は道路状況もよくなり、高性能になりました。安全だから走行スピードを出してもいいのかといったらそうでもありません。もともと雪道でスリップを防ぐ滑り止めの役割を果たす補助具であるため、たとえタイヤにフィットするように装着したとしても、タイヤの高速回転により遠心力によって影響します。したがってあまりスピードを出しすぎるとその分遠心力で切れて外れてしまうこともあります。一般に金属製のものだと時速30キロ以下、非金属製のものだと時速50キロ以下がスピードの限度です。装着時はホイールキャップは外しておかなければいけません。

 

ホイールキャップはタイヤを美しく見せる装飾品です。柔らかい樹脂製になっているため装着時に当たって傷つくことがあります。なので装着前にはホイールキャップを外しておいてください。金属製のものは雪道を走らない時にそのまま放置しておくと錆が発生します。また非金属性のものは強度や弾力性が失われてしまいます。雪道を走らない時には水分をしっかりと取り除いてから収納するようにこころがけましょう。